オーラソーマボトル体感記

過去は過去、今は今!新しい今を生きるために変化は大切【13番】

オーラソーマのボトルを使って体感すること、経験することは一人ひとり違います。

この記事ではクリエイトバランスの周囲で、「B13:新しい時代の変化」のボトルを「myボトル」として使った(ワークした)人の体感や体験の一例をご紹介します。

  1. このボトルに惹かれるときはどんなときなのか?
  2. このボトルを使った(ワークした)人にどんな体感・経験があったのか?

13番のオーラソーマボトルに心惹かれる人は、ぜひご覧ください。

1.B13:新しい時代の変化

  • ボトル№:13
  • ボトルの名前:新しい時代の変化
  • 上層の色:クリアー
  • 下層の色:グリーン

1-1.このボトルに心惹かれるときはどんなとき?

このボトルに心惹かれるときの心境や状況は一人ひとり違います。しかし、一人ひとりの内側で求めているものには似たような傾向がありますので、いくつかご紹介します。

  • 人生の次のステージへと進むときが来たとき、変化のときが来たとき
  • 過去の出来事や過去の自分にとらわれて、「今」を生きていないとき
  • 自分の内側に意識を向けて、落ちついて自分自身を見つめる必要があるとき
  • 人生の進むべき方向性を決めるとき
  • 心をリフレッシュさせたいとき、ゆっくりくつろげる時間や場所を求めているとき

あなたもこのボトルに惹きつけられているなら、あなたの奥深いところから、このようなメッセージが発せられているのかもしれませんね。

1-2.このボトルを使った(ワークした)人の感動の体感・経験

(40代女性)

長年付き合っていた恋人がいたのですが、別れたり復縁したりをくり返していました。数か月前から「もうこの人じゃない」と別れを考えるようになったのですが、なかなか別れることができずにいました。

そんなとき、この13番のボトルを選んで使い始めました。スッキリと爽やかなオイルをぬると、全身に染み渡っていく感じがとても気持ち良かったです。

モヤモヤしてハッキリ決断できなかった気持ちも、無理することなく別れる方向で気持ちが固まり、彼に伝えることができました。今回はもう復縁することはありません。なぜなら私の気持ちが自分でも驚くほどスッキリしているからです!

きっとこのボトルがサポートしてくれたんですね。オーラソーマのボトルはとても心強い味方です。

(50代男性)

今までボディオイルをぬったことがなかったのですが、スッキリした匂いと、サラッとしたぬり心地でとても使いやすかったです。

ストレスのせいでいつもイライラして何かに八つ当たりしていた私ですが、13番のボトルを使い始めてからはイライラが減ったような気がします。特に意識しているわけではないのですが、ほどよく力を抜いて頑張れるようになりました。

このボトルを使って自然体でいる心地良さを思い出せました。何事もリラックスしていないと良い方向には進まないですね。

(その他)

  • 自分のことや周囲のことが落ち着てい見られるようになりました。
  • 今の自分に必要なものがハッキリわかり、スッキリ晴れた気持ちで前を向いて進めるようになりました。
  • 忙しいときでもこのボトルを使うと、ホッと一息つけてリフレッシュできます。
  • 客観的に自分の気持ちを整理することができて、心にゆとりができました。
  • 自分の心に従って新しいことにチャレンジすることを決めました。

2.最後に

「B13:新しい時代の変化」ボトルの体感・体験の一例をご紹介しましたが、この他にもオーラソーマボトルを通してたくさんの感動や奇跡が、クリエイトバランスの周囲では起こっています。

この記事を読んで、『私も一歩ふみ出すときが来たのかもしれないな』『私も変わりたい!』と感じた人は、オーラソーマボトルを「myボトル」として使ってみてください。

今のあなたに必要な変化へと、ボトルは優しく導きサポートしてくれますよ。

オーラソーマボトルの使い方や扱うときの注意点については『オーラソーマボトルの使い方とボトルを扱うときの注意点』の記事をご覧ください。

また、他のボトルの体感・体験についての記事は『オーラソーマボトルを使って起こった感動の体感・体験集』からお選びいただけます。

※オーラソーマは病気等の診断・治療を目的とするものではありません。診断・治療が必要な場合は専門の医療機関へご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ご質問・ご不明な点について

クリエイトバランスのこと・オーラソーマのこと・記事のことなど、
ご質問・ご不明な点がある場合は、お問い合わせフォームより送信ください。

『○○について、ちょっとだけ聞いてみたい!』
そんなときもお気軽にお問い合わせくださいね。


お問い合わせ内容を確認後、返信いたします。

お問い合わせフォームを開く