クリエイトバランスではオーラソーマ認定講座をはじめ、数秘術や占星術などの一日講座も行っています。

どの講座も、ただ座って話を聞くだけの退屈な講座ではありません!自然体でいながらどんどん夢を叶えていく体質を作るための5つの特徴がクリエイトバランスにはあります。

この記事では、クリエイトバランの講座の5つの特徴を紹介します。

クリエイトバランスの講座5つの特徴

①アウトプットを大切にしている

クリエイトバランスの講座ではアウトプットを大切にしています。インプットして終わりではすぐに忘れてしまいます。アウトプットすることで学んだことを自分の中で整理することができます。

オーラソーマ認定講座では毎日必ずコンサルテーションの練習時間を設けています。誰だって始めの頃は上手く喋れません。恥ずかしがらずにどんどんアウトプットして理解を深めていきましょう。

②各講座8名までの少人数制を採用

クリエイトバランスの講座はすべて8名までの少人数制で行っています。自分自身を深く見つめて、内側の自分を知ることを大切にする講座が多いため、ゆったりとリラックスできる空間作りを心がけています。

講座中にわからないことは遠慮なくその場で質問してもらい、受講生みんなで理解を深めて成長していただきたいと思っています。年齢・性別・仕事・家庭環境など、さまざまな境遇の人が集まりますので、いろんな人からたくさんの気づきをもらってください。

③充実したフォロー体制

講座修了後のフォロー

講座修了後、60分のオーラソーマコンサルテーションを1回無料で受けていただけます。

オーラソーマの学びは講座修了後も続きます!『講座修了後こんなことが起こった』『講座を受けてからこんな心境の変化があった』など、もしかすると講座修了後の方が学びにつながる出来事がいろいろと起こるかもしれません。

そんな変化の兆しを見逃すことのないように、オーラソーマコンサルテーションを受けてオーラソーマの学びを継続させてください。

引っ越した場合もしっかりフォロー

講座修了後、家庭や仕事の関係で引っ越しをする場合もあると思います。そんなときは引っ越し先でもオーラソーマの学びを続けていただけるように、信頼できるオーラソーマティーチャーを紹介します。ご安心ください。

④学んだことの理解を深められる、再受講制度と勉強会

再受講制度あり

一度受けたことのある講座を何度も受けていただける再受講制度をクリエイトバランスでは採用しています。

学べば学ぶほど奥が深いことを実感するオーラソーマ。『同じ講座を受講しても毎回違う気づきがある!』と再受講生は知識を知恵に変えて、日常でオーラソーマを活用しています。

特に将来オーラソーマプラクティショナーとして活動しようと思っている受講生は、理解を深めるために再受講制度を活用してください。

毎月1回、理解を深めたい受講生のために勉強会を開催

講座を受講した生徒を対象に、毎月一回、教室を開放して無料の勉強会を行っています。

今まで学んだことを復習したり、ボトルを選んでコンサルテーションの練習をしたりと、目的は受講生それぞれです。『わかったつもりで帰ったけどやっぱりよくわからない…』なんていう受講生は、この勉強会を利用して理解を深めています。

⑤安心して任せられる講師:佐藤 寿史子

約2,000人のコンサルテーション実績・300回以上の講座開催実績

佐藤 寿史子
・クリエイトバランス主宰者
・オーラソーマレベル3ティーチャー
・レイキマスター

 

  • 2002年にコンサルテーションを始めて、実績数は約2,000人
  • 2006年にサロンをオープンして、講座開催の実績数は300回以上

お客様や受講生の「なりたい私」を叶えるために、さまざまな側面からコンサルテーションや講座を行っています。

年齢・性別・相談内容など、みなさんそれぞれ違いますが、『もっと自分らしく生きたい!』という思いは一緒です。みなさんが「なりたい私」に近づけるように、イメージしやすい言葉で、日常で行動できるアドバイスをするように心がけています。

オーラソーマの全講座が受講できる、オーラソーマ上級ティーチャー

2007年にオーラソーマレベル3ティーチャーの資格を取得しました。クリエイトバランスではオーラソーマ認定講座レベル1・レベル2・レベル3のすべてのコースを受講していただけます。学びの途中で教室を変える心配がないので、安心してオーラソーマの学びを続けていただけます。

クリエイトバランスやオーラソーマ®についての
ご質問・お問い合せはお気軽にどうぞ
  • オーラソーマ®について
  • オーラソーマ®製品について
  • コンサルテーションについて
  • 認定講座について
  • クリエイトバランスについて

ご質問・お問い合せは、お問い合わせフォームよりお願いします。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事